包茎手術のおすすめ比較

男性にとって大きな悩みのひとつに包茎がありますが、術後の見栄えや後遺症が心配で包茎手術に踏み切れない方もいらっしゃるでしょう。

当サイトでは、悩める男性に自信をつけていただくために、全国の包茎クリニックの情報や、包茎手術の知識などを網羅して紹介します。

あなたが自信のある男になるために、是非参考にしてください。
 

包茎の種類を知っておこう

ショックを受ける女性

仮性包茎~日本人の7割が該当

日本人の7割近くが仮性包茎と言われています。仮性包茎というのは、亀頭が包皮に完全に覆われているわけではなく、ほんの少し顔を出している状態を言います。

仮性包茎の特徴は、勃起すると包皮は剥けて亀頭がしっかりと顔を出すことです。また手で包皮を剥くこともできるので、亀頭の周りは清潔に洗うことができます。

そのため実生活では大きな問題はなく、手術をするほどでもありません。

しかし、それでもこまめに洗わないとやはり不潔になりやすいので注意が必要なのと、亀頭が優しく包皮に覆われているので刺激に弱く、早漏になりやすいなどのデメリットがあります。

欧米人は赤ちゃんのときに包皮を切ってしまうキリスト教的文化がありますが、日本人にはそんな文化はないので仮性包茎が欧米人に比べて多い傾向があるのです。

勃起しても亀頭が出ない真性包茎

仮性包茎に比べて真性包茎は深刻で、手術をしたほうが良いでしょう。

真性包茎は包皮が亀頭を完全に覆ってしまっている状態であり、しかも勃起しても亀頭が顔を出すことがありません。

そのため勃起時に痛んだり、排尿障害を起こすリスクがあります。

亀頭をきちんと洗うことができないので、非常に不潔な状態となりやすく、炎症も起こしやすいです。さらに恐ろしい陰茎癌のリスクも高くなってしまいます。

また包皮が邪魔をしてしかり射精をすることができないという問題もあります。

このような様々な問題があるために、真性包茎は手術をする必要があるわけです。

手術と聞くと怖いイメージがあるかもしれませんが、手術自体はそれほど難しいものではありません。むしろ、そのままの状態でいるほうがリスクがあると考えるべきでしょう。

カントン包茎は痛みが伴う

悩む男

真性包茎の中でも包皮が極端にせまいために亀頭が締め付けられる状態の包茎を、カントン包茎と言います。

カントン包茎の場合、亀頭が締め付けられてしまうので、腫れてしまったり、むくみが起きたり、さらには鬱血などが起きてしまうこともあります。

そして、最悪の場合には亀頭の細胞が壊死してしまうことさえあります。

そのためカントン包茎は真性包茎と同様に手術をする必要があります。

手術の方法はいくつかありますが、陰茎の長さに合わせて余分な包皮を切り取る亀頭直下埋没法が最もポピュラーな方法です。

あるいは、陰茎の根部を輪っか状に切開し、余分な包皮を切り取る根部環状切除法という方法もあります。

不安な場合は、よく医師から説明を聞いた上で、どのような手術を受けるべきか決めると良いでしょう。
 
 

亀頭直下埋没法

包茎手術後の跡が目立たない亀頭直下埋没法について紹介します。

他の方法と比べると費用負担が増えますが、出来栄えの面で優れている方式です。

また、技術と経験が要求される手術ですので、実績のあるクリニックを選ぶことが重要です。

亀頭直下埋没法のメリットは?

亀頭直下埋没法は、術後の跡を目立たなくする点が他の方法と比べて優れています。

術後の出来栄えが想像していたのと違うことで、トラブルになりがちですので、できればこの方法を選択したいと考える方は多くいます。

他の方式では、余っている包皮を切り取るため、切り口が目立つデメリットがあります。

この方法なら、包皮の切り口を亀頭のカリの部分で縫合することで、切った跡が目立ちにくいといった具合になります。

一見しても手術をしたことが分かりませんので、銭湯や温泉にも自信をもって入れます。

また、多くのクリニックで採用されている実績のある術式なので、高い信頼性がある点も評価できます。

亀頭直下埋没法のデメリットは?

亀頭直下埋没法のデメリットも確認しておきましょう。他の方法に比べて高度な技術や手間が必要となりますので、費用面での負担が大きくなります。

他の方式では、5万円前後の料金がその2、3倍程度になります。さらに包皮の内側を切除するために、ここからの性的刺激が減るケースがあります。

術後に皮が引っ張られるような不具合が出る場合がありますので、経験と実績が豊富なクリニックを選ぶことが重要です。

せっかく高額な費用を支払って受ける手術なのに、後悔してしまうようでは困りますので事前にしっかりと検討することが肝要です。

決して費用の安さだけでなく、手術の質を念頭にクリニック選びをすることをお勧めします。
 

 
 

泌尿器科で包茎手術はおすすめしない?

包茎手術を行うときにネックになるのが、手術費用の高さです。

自由診療で全額自己負担なので、料金が高くなるのは仕方ないですが、できれば保険適用されればいいと思いますよね?

真性包茎の方なら泌尿器科で手術を受ければ保険適用になる可能性があります。

これは大きなメリットですが、それでも泌尿器科での包茎手術はあまりお勧めできません。

泌尿器科のデメリット

泌尿器科の医師は、包茎治療をメインに行っているわけではありません。ですので包茎手術だけの経験でいえば、専門クリニックの方が断然上になります。

専門クリニックは見た目も重視してくれるので、その意味でも安心できます。

性器に大きな傷跡が残っていると、ヤバイ人なんじゃないかと疑われるリスクもあります。

また、泌尿器科は包茎治療専門クリニックと違って、女性の看護師もみえます。手術をする医師が女性ということもありえます。

ただでさえ、包茎でコンプレックスなのに、それを女性に見られれば心理的なショックは相当あると思います。

 
 

おすすめ包茎クリニック

ABCクリニック

ABCクリニック

包茎手術を受けたいと考えている人に一番おすすめなのがABCクリニックです。

ABCクリニックは公式ホームページでしっかりと費用も明記され、明確で格安な費用のもとに手術を受けられます。

ABCクリニックでは普通は別料金である、性器のぶつぶつ除去手術も、あらかじめ包茎手術代金に含まれています。

また、経験が豊富なカウンセラーによって悩みを解消し、クリーンエア空調システムの導入もあり安心安全な手術を受けることができるクリニックです。

<ABCクリニックの分院>
札幌、仙台、大宮、船橋、新宿、神田、立川、横浜、名古屋、京都、梅田、なんば、神戸、高松、広島、天神
※最安3万円~のキャンペーン適用は
予約備考欄に「3,30,3プロジェクト希望」と記入

 

上野クリニック

上野クリニック

男の悩みを解決するクリニックとして、全国的に有名な上野クリニック。

上野クリニックはカウンセリングの時間帯が幅広い上に、痛み対策の麻酔も万全!

もちろん仕上がりにも力を入れている実力派のクリニックです。安心して包茎手術を受けたいなら、必ず候補に入れるべきクリニックですね。

また24時間カウンセリングなど時間帯の利便性が優れている点は、上野クリニックの特徴の1つです。

<上野クリニックの分院>
札幌、仙台、新潟、金沢、上野、新宿、千葉、大宮、横浜、名古屋、大阪、京都、広島、岡山、福岡
※無料カウンセリングのWEB予約

 

東京ノーストクリニック

東京ノーストクリニック

東京ノーストクリニックでは、患者様の負担を軽減するために手術に痛みを軽減する、最新の麻酔技術を使用しています。

その為治療中はもちろんのこと、治療後においても痛みという負担を感じることがなく患者様に負担を与えることはありません。

治療を受けた患者は無料でアフターケアが受けられるので安心です。

<エーツー美容外科の分院>
札幌、盛岡、仙台、郡山、新潟、金沢、長野、上野、秋葉原、新宿、渋谷、町田、八王子、横浜、千葉、大宮、水戸、宇都宮、高崎、甲府、名古屋、豊田、岐阜、静岡、大阪、梅田、京都、姫路、広島、岡山、高松、福岡
※無料カウンセリングのWEB予約

 

エーツー美容外科

エーツー美容外科

エーツー美容外科は最寄り駅から徒歩5分以内に便利な場所にあり、スタッフも男性のみなのでデリケートな悩みも安心して相談できます。

包茎治療が特に人気なだけあって、麻酔を工夫することで痛みを抑える工夫もされており、安心して治療を受けることができます。

プライバシーを徹底しており、バレない気軽さから20~50代の幅広い年代の男性が通うクリニックです。

男性の悩みを解消するならエーツー美容外科に相談してみるのもありでしょう。

<エーツー美容外科の分院>
大宮、上野、名古屋、大阪・梅田、宇都宮、高崎
※無料カウンセリングのWEB予約

 

本田ヒルズタワークリニック

本田ヒルズタワークリニック

本田先生は元々「精神科」のご出身。精神科の先生はあなたの心の悩みまで理解してくれます。

事前のしっかりとしたカウンセリングがあるので、性器の悩みの事からくる精神的な苦痛を少しでも緩和してくれるのが本田ヒルズタワークリニックです。

包茎の種類によって手術方法は様々。本田先生はカウンセリングを通じてあなたの具体的な症状に合った治療法を選んでくれます。

本田ヒルズタワークリニックは安心して包茎手術を任せられるクリニックの一つです。

<本田ヒルズタワークリニックの分院>
札幌、青森、東京駅前、名古屋、金沢、京都、神戸、岡山、小倉、沖縄・那覇